スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々迷惑メールの巻

それは突然きた。

何気ない日々を送っていたはずなのに、急に胸が騒いだ。

いや、正確には、「胸ポケットに入れてたiPhoneがバイブ」した。

よくあることだが、いざ確認してみると、キャリアメールに一通のメールが・・・。

「件名」なし、「中身」なし。
そして、わけのわからない「メールアドレス」から。

ここでピン来たね!
わしぐらいになると、長年の経験から、次に起こることがわかってしまう。

そうだ。
お昼ご飯だ。わーい。

いや、そんなことを言いたいんじゃない。

この数時間後だ。またわけのわからないメールアドレスからメールがきた。

そう、これこそが、もはや死語になりつつあるんじゃまいか?と思われていた

「迷惑メール」

って、やつだ!
正直久しぶりすぎてわしも忘れてた。
河合奈保子くらい忘れた。わからない人、ゴメン。

さて、ここで、迷惑メールが来るメカニズムを確認しておきたい。

所謂、一般的なメカニズムは、大体が、「どこかからメールアドレスが漏れた」系だ。
この場合、メールアドレスの他にも性別や年齢等の個人情報も同時に漏れてたりするので、迷惑メールを出す側からするとターゲットを絞りやすい。
ちょいと昔だと、パチンコ屋の会員に入った途端、迷惑メールがバカバカ来るなどしたものだ。
「名前」欄を適当なやつの名前で登録したら、そのまま適当な名前宛てでメールがくるくらいだ。

正直、迷惑以外の何物でもないわけだが、ここで対策を考えてみる。
よくある手段が、「メールアドレス」を変えるである。
昔ほどキャリアメール自体重要ではなくなっているので、変えても問題ないレベルだが、根本解決にはならない。
なぜなら、また来るかもしれないから。

なので、拒否設定の方がいい。

拒否設定には二通りあり、
 ■ブラックボックス設定:拒否するドメインやメールアドレスを登録して拒否する
 ■ホワイトボックス設定:受信するドメインやメールアドレスを登録してそれ以外を拒否する
それぞれ長所と短所を備えている。

「ブラックボックス設定」だと、都度拒否ルールを設定する必要が出て来る可能性があり、迷惑メール業者とのイタチゴッコになるリスクがある。
逆に「ホワイトボックス設定」だと、意図しないメールまで拒否してしまう重要な欠点を備えている。
例えば、会社で連絡先としてメールアドレスを公開してても、拒否してしまうから。

が、しかし、あえて対策としてオススメは「ホワイトボックス設定」。
これにプラスして、「キャリアメールを今後使用しない」ようにしていくのがベスト。

ちなみに、「ホワイトボックス設定」自体は、大抵スマホや携帯から設定可能なんだけど、よくわからない人は、「受信したいメールアドレスもしくはドメイン」を紙かなんかに書き出した上でショップに出向いてお店の人に設定してもらおう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わしZ

Author:わしZ
小学生の息子に毎日DV受けてます
パショコンはMacオンリー
気が向いたら、ブログの更新
スマホアプリ作ってます

twitter:@washi_rou_Z

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯アプリへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。