スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadの使い方の巻

アサリ

先日、潮干狩りに行ってまいりました。
片道3時間の末、約200のアサリを家族四人でゲット!
あ、いや、戦力外もいたことを考えると、大量と言っていいでしょう。

うちとしても、やはり自然の真理を学ばせるのにちょうどいいわけですよ。

で、子供達もそれに対し、興味を持ってくれれば、未来も明るくなるという寸法。

そして、前日、息子がわしに聞いて着た。

息子:「マテ貝とかもある??」

それを聞いた娘がさらにきく、

娘:「パパー、マテ貝ってどんなん??」

いい感じだ・・ウンウン。
が、しかし、・・・・。

わし、マテ貝知らん。

ところがここで慌てないのが、わし流だ。

わし:「調べてごらん」

キタ!魔法の言葉「調べてごらん」!!!
わからないことがあっても、さも分かってるかのように振る舞うことができる呪文。
正に大人の呪文だ。

娘:「どうやって調べるの?」

これも想定通り、こんな時のためにある魔法の道具、これこそが、iPadなのだ!!

わし:「こうやって調べるんだよ」

そう言って、iPadのSiriを立ち上げ、

わし:「マテ貝の画像」

こう答えるだけで、あら不思議!

Siri:「ウェブでマテ貝の画像を検索しました」

マテ貝の画像登場!!!
娘と息子のわしの評価10アップ。

まるでWiFiのつなぎ方さっぱりわからないのに、イオに聞いて接続し、あたかも自分の手柄にしてしまう唐沢のようだ。

こうなってくると、子供達も好奇心がわくのか、どんどん調べていく。

ハマグリ、アサリ、ムール貝。

そんな折、息子が言い出した。

息子:「そういえば、バカ貝もあるで。」

ここで解説しよう。バカ貝とは、砂抜きも全くできず、食べても相当まずい貝らしい(嫁談)。
わしは、正直知らなかった。

でも、大丈夫。
うちにはiPadがある!!!

娘:「バカ貝の画像!!!」

そうSiriに質問した瞬間、なぜか写真アプリが立ち上がり、娘と息子が映った写真が大量に表示された。
おぅっ・・・・・・・
スポンサーサイト

人生最大のピンチの巻

完璧と揶揄されるわしにも弱点がある。

ヒーローには弱点がつきものだ。知る人ぞ知る「アンブレイカブル」の中でも、そう言っていた。

そう、わしは、
「本屋に行くと、大をもよおす人」なのだ。

なので、ろくに本も選べない気の毒な人ということになる。

いやまあ、本屋でもよおす分については、そんな問題になることは少ない。
しかし、もよおす時、場所においては戦場になりかねない事態に遭遇する。

それは・・・・、

通勤ラッシュ時の、電車内だ・・・。

それは突然やってくる。
もちろん、頭の中で状況整理から始まるわけだ。
「職場まで持つか??せめて乗り換えまで持つか??」

しかし、たいていの場合、「それだと、すでに手遅れ」状態であることを、わしの長年の経験が語っている。

「次で降りよう」

これが最大にして絶対の答えなのだ。

でも、降りたところで、次の大きな問題に直面することになる。

それは、
「大が空いてない」だ。

散々、トイレを変えるか、ここでじっと順番を待つかで悩み、さらに、全く空く気配のない状況に苛立ちを隠せない葛藤を終え、やっとのところで便器ゲットしたところで、ミッションは完了する。

はずだった・・・。

今までは・・・・。

この日は違っていたのだ・・・・。

なんという神のいたずらか・・・・・。

出し切った後の安堵感を見事に打ち砕くこの屈辱・・・・。

「紙がない!!!!神だけに・・・」

誰がうまいこと言えと言った!!!
喉元過ぎたはずの葛藤が、さらに追い討ちをかけてくる。
まさかのミッションインポッシブル!!!

まさに、王手を交わした後の王手。そうきたかこのやろう!!!

だが、この時、ふと昔、トイレで紙がなかった場合の対処法について、友人たちと議論を交わしたことを思い出した。
サスガわし!!!あの時の熱い議論は無駄ではなかったのだ!!

が、ここで、さらなる問題が・・・・・・。

「その時議論した最善策を思い出せない・・・・」

確か、わしの意見は、「ノートを破ってお尻を拭く」だった。
しかし、これだと、お尻が痛くて、よろしくないという意見だった。
もちろん、「手で拭いて後で洗う」の意見もあった。
が、これもズボンの履きにくさや、手を犠牲にする残酷さから、却下になったはずだ。

なんだったか、、、みんなが、目からウロコを垂れた最善策の回答は・・・・。

・・・ダメだ・・・、人生おわた・・・と思った瞬間、まさかの神が、いや、紙が舞い降りた。

着ていた上着のポケットに、いつもは絶対受け取らないティッシュが入っているではないか!!!

ありがとう!!ティッシュ配りのお姉さん!!!
わしは、今まであなたの善行に気づかずにいた!!!
親の心、子知らずとはまさにこのことだ。あなたの優しさにまさか便器で気づくとは!!!

その後、丹念にお尻をふきふきして、見事ミッションコンプリート。
人生最大のピンチをくぐり抜けた瞬間だった。

さて、皆さんにもいつ、どこで、このようなピンチが起こるかわからないため、
例の議論で最終的に決定した「最善策」を紹介しておこうと思う。
(まあ、この事件の後に頑張って思い出した)

この最善策とは、
「はいているパンツでお尻を拭いて、パンツなしでズボンをはく」だ。
パンツはどこかのゴミ箱にインする(できたら、コンビニの袋に入れて)。
これだと、お尻にも優しいし、パンツを履いてないこと以外、全く問題がない。
一度きりという欠点を併せ持つが、まさかパンツを履かずに出かける人はいないという常識を利用した正に神(紙)の一手的な手法と言えよう。
ぜひ、使ってみてほしい。

プロフィール

わしZ

Author:わしZ
小学生の息子に毎日DV受けてます
パショコンはMacオンリー
気が向いたら、ブログの更新
スマホアプリ作ってます

twitter:@washi_rou_Z

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯アプリへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。